« ごみ問題の巻 | トップページ | 夏休みまでの巻 »

踏んだり蹴ったりの巻

本日は仕事が少なかったので、早く帰られました。

ってか、踏んだり蹴ったりの1日でした。

直属の上司2人が夏休みやら、振り替え休日やらでいませんでした。

そんでもって、提出する書類系のハンコやら承認は更に上の上司(部長)や別の上司に見てもらうワケでして。

まず、別の上司にハンコもらいにいったら、

なぜか入念にチェックされて

別の書類が必要だと言われる

しかも、その書類は部長の承認が必要らしい

その時点でイヤな予感はしてた。

んなワケで書類をしあげ、いざ部長に承認を依頼をする。

そしたら不備があり、呼び出される。

そもそも、新入社員が部長に呼び出されることになんで滅多にない

他の社員に注目を浴びる

決して部長はおっかない人ではない

ただただ部を仕切る人であって偉大な存在なのだ

そんなワケで直して、再度、承認を依頼する。

今度は書類の書き方がおかしく、

部長が直々にオレの机に来てしまったわけで...

ウチの係の人達は半分顔を真っ白でした。

そんなこんなで、書類は承認をもらいました。

これは午前の話。

午後はひたすらプログラミングをしてました。

今開発中のプログラミングは普段使わないようなテクニックを要するらしいです。

しかも、いつも教えてくれいるSEはお盆休み。

他のSEに聞いても、わからない...

明日いつも教えてれてるSEがかえってくるので、明日聞けと...

1日なか踏んだり蹴ったりの1日でした。

|

« ごみ問題の巻 | トップページ | 夏休みまでの巻 »

「社会人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごみ問題の巻 | トップページ | 夏休みまでの巻 »